アメリカ版ときメモ

最近は色んなゲームが出ていますね。
グラフィックの綺麗さが僕の
やっていた頃のゲームとは段違いです。
これも一重に技術の革新という事でしょうか?
凄まじい技術の革新・・・
流石に驚かされることばかりですね。
めっちゃ綺麗な女の子同士が
チャンバラで戦うお姉チャンバラには
大変お世話になりました。
しかしなぁ、どうもポリゴン的な
キャラクターには性欲が湧かんのですよ。
どうしても人間らしくなくていかんですね。
なんか無機質な人の形をした何かが
動いているようにしか見えません。
もっと本物の人間とそっくりになれば
また違うんでしょうけどね。
でも、僕が昔やっていた
バーチャファイターのポリゴングラフィックに
比べれば雲泥の差ですけどね。
昔のバーチャファイターのグラフィックは
今見るとカクカクで見れたものじゃ
ありませんからね。
そういった技術の革新をゲームで
見ていけるのは楽しいですよね。
日本だけじゃなくアメリカでも
ときめきメモリアルみたいなゲームが
発売されるようですし
全世界がゲームに染まっていくのも
そう遠い事ではないのかもしれません。
ゲームに負けないように
デリヘル 長崎 まぐろ職人も全世界へと
発信出来るようになっていけたら
最高ですよね!